シャンプーに時間を掛ける男女のイラスト

薄毛予防には時間を掛けてシャンプー

薄毛が気になってきたらまずは念入りにシャンプーしましょう。シャンプーに時間を掛けることで頭皮の汚れをきちんと取り地肌をマッサージすることで薄毛を予防することができます。それでは薄毛予防になるシャンプー方法について説明します。

薄毛対策には時間を掛けてシャンプーする

薄毛対策のためには、シャンプーの仕方も大切です。自己流のやり方の場合、薄毛を進行させてしまうことがあるため、正しいやり方でしっかりと対策をすることが必要です。シャンプーをする際にまず必要なのは、髪の毛のもつれをとるために、目の粗いクシでブラッシングをします。たとえ短くても、シャンプーの際に指が髪に通りやすくなり、泡立ちや汚れの落ちが良くなります。指に髪が絡まってひっぱられると、ダメージを受けてしまうため、念入りにもつれはとる必要があります。さらに、ブラッシングをすることで適度な刺激を頭皮に与え、頭皮の結構の改善をすることもできます。シャンプーの前には、下洗いとして、ブラッシングをした後、指の腹を使って、髪の毛だけではなく頭皮を洗うように、皮脂を溶かすといわれている適切な温度の38度前後のぬるま湯で洗うことが大切です。熱すぎるお湯は、頭皮への刺激によって、乾燥を引き起こし、足りなくなった皮脂を補うために、皮脂の過剰分泌を起こしてしまう可能性があります。シャンプーを出す際には、500円玉程度の量を手に出して、少し水を加えて泡立てて、その泡を髪に乗せて洗います。直接頭皮につけてしまうと刺激が強すぎて、特に頭皮が敏感になっている薄毛の人は特に強い刺激を与えてしまいます。頭皮や髪は、爪を立てずに、指の腹で頭皮をマッサージする要領で洗っていきます。爪を立ててしまうと、頭皮を傷つけてしまうため、爪は立てないことが大切です。最後に、薄毛対策のために特に大切なすすぎについて、シャンプーのぬめり気が残らないようにたっぷり時間をかけて十分に洗い流すことが大切です。生え際などはシャンプーが残りやすくなるため、しっかり時間をかけて洗い流すことが大切です。残ったシャンプーは、毛穴を詰まらせて薄毛を進行させてしまう原因となるため、念入りに洗い流すことが重要です。

薄毛に効果のあるシャンプーとは

薄毛を改善しようとして多くの人がまず考えるのがシャンプーを変えることです。シャンプーは毎日の先発で使う物となっていますから、出来る限り髪の毛や頭皮に負担をかけないものを選ぼうとするのは当然のことでしょう。では具体的に薄毛に効果のあるシャンプーとは何かというと、まず挙げられるのは「洗浄力が比較的弱いシャンプー」です。一見すると洗浄力は強い方が良いのではないかとも感じられるのですが、現在市販されているシャンプーのほとんどは必要以上に強い洗浄力を持っています。もちろんそれでも普通の頭皮にはそこまで大きな悪影響が出るわけではないのですが、既に薄毛が始まっているということになると頭皮はかなり弱くなってきているとして考えるべきです。具体的にはラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムといった成分を含んでいるシャンプーは、なるべく選ばないようにした方が良いでしょう。これらの成分は安く大量生産できるため安価シャンプーをつくるのには人気があるのですが、頭皮にもかなり負担をかけてしまいます。それではどういったシャンプーが薄毛に良いのかというと、アミノ酸系シャンプーと呼ばれるものから選ぶのが無難です。アミノ酸系シャンプーは少々高額になりますが洗浄成分が比較的頭皮に負担をかけづらいアミノ酸系の成分で出来ていますから、薄毛治療ということではとても効果的になるのです。少々注意したいのが「育毛シャンプー」と書かれている商品でも物によっては皮膚に負担をかける成分が入っているということでしょう。
特に500円程度で販売されている安価な物だと、育毛シャンプーと自称していてもラウリル硫酸ナトリウムなどの成分が入っていることが多いです。
育毛の為にシャンプーを選ぶのであれば、まずはその成分表を見るようにしてください。

女性も男性も薄毛に効果のある食事とは

抜け毛や薄毛の原因の一つは男性ホルモンとなっているのですが、大豆イソフラボンと亜鉛を含む食べ物を食べると薄毛や抜け毛に効果的と言われています。納豆や豆腐は大豆イソフラボンを豊富に含んでいる食べ物であり、亜鉛を摂りたい場合はチーズやレバー、卵、ゴマ、牛肉、牡蠣などといったものに多く含まれています。亜鉛はいろいろな食べ物に含まれているのですが、過度な飲酒やストレスなどによって不足してしまうので注意しましょう。大豆食品と緑茶の組み合わせは良い効果をもたらすということですが、緑茶を飲み過ぎると逆効果になってしまうこともあるため、食事の際に一緒に飲むといった感じで十分です。ちなみに、髪の毛は主にタンパク質によって作られているため、卵黄やレバーなどタンパク質の多い食べ物を積極的に摂ることも大切です。また、肉類の動物性タンパク質ではなく、大豆食品などの植物性タンパク質を摂った方が良いのですが、大豆食品なら大豆イソフラボンも一緒に摂れるので一石二鳥です。また、海苔や昆布、もずく、ひじきなどの海藻類も髪の毛に良いとされており、健康的な髪の毛を育てたいという人におすすめです。外食の時などは肉類を食べる機会もあるかもしれませんが、自宅では野菜中心でバランスの良い食事を摂るようにすると良いでしょう。また、ビタミンやミネラル、食物繊維などをしっかり食べていくのがおすすめです。ちなみに、薄毛や抜け毛に有効な食べ物や飲み物を摂ってもあまり効果を実感できないこともあります。それは薄毛や抜け毛の原因となる食べ物の摂取をやめていないためであり、炭酸飲料やアルコール、脂っこい食べ物などは髪の毛に良くないので控えた方が良いでしょう。
■薄毛に効果が期待できる
フィンペシアの通販